So-net無料ブログ作成

夏祭り 本当にあった怖い話 当たりのない夜店 [怖い話]

スポンサードリンク


夏祭り 本当にあった怖い話 当たりのない夜店

7月も後半

ちまたでは夏祭りが行われている所も多い

大阪でも夏祭りが行われていた

街は笑顔の子供達

艶やかな浴衣姿

楽しい雰囲気が漂っていました

ある事件が起こるまでは・・・
祭り、男はある夜店に魅せられる

そこには『プレイステーション3』や『Wii U』などの人気ゲーム機が
並んでいる

くじ引きで一回300円、2回500円。

55番以上なら『プレイステーション』や『Wii U』が当たる

当然魅せられたのはその男だけではない

一番魅せられたんのだろう

男は、その夜店で一万円以上つぎ込んだ

しかし

55番以上のくじが出てこない

一万円をつぎ込んだとして、500円で二回

つまり40回ものくじを男はひいた

情報では一万円以上をつぎ込んだらしいので

実に40回以上くじを引き続けたのだ

それでも

当たらないのである

男が自分の不運で片付けなかったことが今回の事件を解決に導く

状況はわからないが、おそらく男の前にもくじをたくさんの人が
引いていたのだろう

そして

男も40回以上引き続けた

それでも

ゲーム機はでていなかったことに気がついたのだろう

実は54番以下のくじしか入っていなかったという

男は不運で片付けずに警察に相談にいった

そこで動いた警察も偉い

警察は28日に露店を家宅捜査し、当たりくじがないことを
確認したという

警察は露店アルバイトの男、毛利川強(もうりかわつとむ)容疑者を
逮捕した

普通

夜店に出ているくじ引きは、一回か二回してダメなら
諦めて『まあ、当たらないよね』と片付けてしまう

今回

警察に相談にいった男は一万円以上つぎ込んだ
店の出ている時間、くじを引いている人の人数から
想定して、定価以下の金額で当たると計算していたのかもしれない

確信と自信

自分を信じて、夜店を疑った彼の勇気に

心からのエールを送りたい

最後にいい祭りの雰囲気を思い出してもらうために
楽しい祭りの様子の動画を紹介したい




これは
飯能市の夏まつりの様子である

実に素晴らしく、楽しそうだ

私もこのお祭りに参加したいと思った

本来

祭りとはこういった楽しいものである

今回大阪で起きた事件は祭りの夜店に
疑心になってしまいかねない

心から楽しむことだけは
忘れてはいけないと思う

せっかくの祭りなんだから

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。